30歳で年収1,000万円のリアルな方法教えます!高学歴就活生の、年収アップを実現!|年収チャンネル

Follow this site!

お金持ちのライフスタイルを教えて!【vol.034】

お金持ちのライフスタイルを教えて!

前回のおさらい:家を買ったら即転勤?!

前回、「家を買ったら即転勤」という噂はホントなのか、という質問に株本氏が答えています。

「家を買ったら即転勤」は、実際にあるとのこと。なぜなら、家を買ったタイミングは一番社員が辞めにくいからです。縁もゆかりもない土地に行けと言われたら、会社を辞めようと思うのが普通です。でも、ローン払えなくなるとヤバいので、転勤を命じる時はそこを突いてきます。

大手企業だと、全国に展開していますので全員が東京勤務というわけにはいきませんから、転勤があるようです。
一方、ベンチャー企業だと、拠点が一つだけということが多く転勤はほぼありません

転勤の可能性については就職の際よく考えましょう!

さて今回は、お金持ちのライフスタイルを教えて!というお題について、実際に年収3000万円を稼いでいる株本氏がお答えします。

☆当サイトではLINE相談も受付中です!

LINE 相談はこちら

☆忙しい学生向け! 3分対談動画はこちら↓


今回のお題:お金持ちだからできるライフスタイルとは?

【vol.015】年収3000万円の人のリアルな生活水準とは?の項でも語られていますが、国税庁の統計調査では年収3000万円以上稼ぐ人は全体の0.2%ほどしかいません。これは東大に合格するよりも厳しい数字です。(ちなみに、東大生は約400人に1人、すなわち0.25%くらいです)

日本で500人に1人しかできない暮らしとはどんなものなのか?とっても気になりますよね?

現在大学2年生の小栗くんが、お金持ちの夢のような生活について、株本氏に質問してくれたので1つずつ見ていきましょう!

どんなところに住んでいる?

お金持ちは大きく分けて

・タワーマンション(高さ60mを超える超巨大マンション)
・高級マンション(立地、内装、間取りなど全てにおいて理想的なマンション)

に住んでいることが多いようです。

高級マンションなら家賃にして、なんと30万円以上!!
厚生労働省によると、平成29年度の大卒の初任給平均は約20.8万円ですから、そう簡単に住めるところではありません。場所は、恵比寿・麻布・六本木などが多いです。

一方、タワーマンションなら10万円台もギリギリある模様。SUUMOで調べてみると、新宿の安いところでも17万円くらいです。とはいえ、17万円だとタワーマンションの下の方の階にしか住めません。

東京を一望できるような高い所だと、50万円を超えてきます。株本氏の言うように、安いタワーマンションでも年収1000万円を超えてこないと住むのは厳しいですね。

お金持ち、どんなものを食べている?

当たり前ですが、高いものを食べています(笑)

株本氏が話の中で例に出した、「ジョエル・ロブション」という店は、お金を持ちでないとなかなか行けません。一番高いコースはなんと45000円!そこにサービス料12%を加算するそうなので、50400円!!!国内旅行ができるくらいの金額ですから、普通の人は躊躇してしまうでしょう。

他には、食べログで1~2万円するようなお店にもよく行くみたいです。この価格だと、焼肉、寿司、フレンチなどになります。好きな人は片っ端からこういう店に行くそうです。

とはいっても、毎日高級料理を食べているというわけではないです。株本氏のように、夕飯に松屋に行くこともあります。

重要なのは、「高いものでも躊躇なく食べられる」ということです。

パンケーキ

どんな遊びをしている?

人によって趣味は色々あるので絞り切れないですが、お金持ちのよくあるパターンはザックリわけると

  • 女遊び(キャバクラ、ラウンジなど)
  • 旅行
  • ブランド品、時計、車などのコレクション
  • 食事

このような遊びが多いようです。

株本氏は旅行派で、グアムといったリゾート地に行っています。株本氏のような仕事をしていると、旅行先でもパソコン・スマホがあれば仕事ができるので、仕事を休むことなくリゾート地に行けちゃいます。

ただ、この中で食事は金額に限界があります。お酒を抜きにすると、食事では3万円を超えるような店というのはほとんどありません。食事だけではお金を満足に使えないので、モノや女性にお金をぶっこむ人もいるそうです。

「食事だと金額的に限度がある」

これも、お金持ちならではの感覚ですね。

それでは次回!少し趣旨を変更して、公認会計士をゲストとしてお迎えし、「公認会計士」という”成功”を彷彿とさせる職業について、詳しく語っていただきます!

KPMGジャパン あずさ監査法人の公認会計士がやってきた《圧倒的勝ち組》【vol.035】


以下は、”当記事限定”で、今回の動画に関する補足解説を加えております。

貴重な就活と年収に関わる情報。何度も読み返せるよう、ブックマークしておきましょう♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

お金持ちのマイホームの金額は?

今回は記事の中ではお金持ちが住むところの家賃についてお話しがありましたが、マイホームだとどれくらいの金額のところに住んでいるのでしょうか?

当記事では年収別のマイホームの購入金額の統計データをご紹介いたします!

世帯年収別マイホーム購入金額

お金持ちは高級マンションやタワーマンションに住んでいることが多いですが、もちろんマイホームに住んでいることもあります。

お金持ち(年収2000万円以上)の方は、平均して8000万円程度の家に住んでいるようです。厚生労働省国民生活基礎調査結果によると1世帯の平均年収は542万円程度なので、普通の人のマイホームは3000万円程度です。その差、なんと5000万円

そもそも、年収が低いとローンが組めなかったりして買うことすらできません。これもお金持ちならではのライフスタイルですね。

まとめ:お金持ちのライフスタイルは発想が違う!

お金持ちと、平均年収程度の人とのライフスタイルの一番大きな違いは、そこに上限があるかということを考えるかどうかです。

普通の人なら、食事だとしても上限があるでしょう。平均年収程度の稼ぎでは毎日1万円の食事をしていたら、その月の半ばでお金が底をつきます。ですが、お金持ちだと食事に金額的な限界がないので、その1ランク上の高級腕時計などに限界を求めるのです。

みなさんにもそういう経験はあります。子どもの頃は20円程度の駄菓子でも、お小遣いでは限度がありました。しかし、本記事を読んでいるみなさんくらいの歳になれば、駄菓子にお金を注ぎ込む人はほぼいないでしょう。限度があるからです。だから、大学生であれば居酒屋やその他の趣味にお金を使いますよね。

ぜひ、本記事を読んでいるみなさんは、お金持ちのライフスタイルを目指して、残りの学生の期間を過ごしてくださいね!

それでは次回!少し趣旨を変更して、公認会計士をゲストとしてお迎えし、「公認会計士」という”成功”を彷彿とさせる職業について、詳しく語っていただきます!

KPMGジャパン あずさ監査法人の公認会計士がやってきた《圧倒的勝ち組》【vol.035】

☆当サイトではLINE相談も受付中です!

LINE 相談はこちら

 

☆19卒、20卒限定キャリア面談はこちら!

キャリア面談を受ける

年収チャンネル運営者

株本 祐己

1990年生まれ。桐朋高校、早稲田大学出身。学生時代にベンチャー企業で新規事業の立ち上げを経験し2年で黒字化に成功。新卒で同社に入社し、3年間マーケティングの責任者として事業拡大に貢献。コンサルティングファームに転職し、大手金融機関の管理会計業務支援やネットワーク更改などのプロジェクトに従事。フリーランスとして独立しクライアント数を拡大。StockSun株式会社を創業し、1年経たずしてWEBコンサルタントとして月間300万円以上稼ぐことに成功。

年収チャンネル運営者

Recommend

おすすめの記事

About

年収チャンネルについて

せっかく大学受験頑張って、高学歴と言われる大学を卒業したのに、その後の年収が低かったら悲しいですよね。

学校の先生や両親はなかなか教えてくれない
『企業別の年収情報』『稼げるキャリアの歩み方』『年収別のリアルな生活水準』
などを、株本が様々なゲストを招待して徹底討論します。

今、オススメのベンチャー企業を教えてほしい!
大手企業とベンチャー企業、自分はどちらに就職するべきか教えてほしい!
今の時代、どんな経験や能力を求められているのか教えてほしい!

などなど、どれだけぶっ飛んだ質問でも構いません。気軽に株本までLINEで相談してください。
なるべく早めにご返信します。

Facebook

Twitter

Follow this site!