30歳で年収1,000万円のリアルな方法教えます!高学歴就活生の、年収アップを実現!|年収チャンネル

Follow this site!

激チャラ美容整形外科が登場【vol.197】

激チャラ美容整形外科が登場【vol.197】

前回のおさらい:恵比寿女子は、理想が高すぎる!

前回、「胸糞注意!恵比寿女性が男に求める年収を大調査!【vol.196」では、恵比寿にいる女性に、理想の男性について伺いました。

まず、恵比寿女子の理想の男性のタイプは、力包容があり、優しくイケメンの人が良いとのことでした。

また、『どういう仕事をしている男性が良いですか?』という質問には、大手企業サラリーマンIT社長メガバンク、で働いている人が良い、とのことでした。

そして、『男性に年収、はいくらぐらい求めますか?』という質問に対して一番多かった返答が、『年収1,000万円は欲しい』でした。

結果、恵比寿にいる女子は理想の年収が高いので、年収以外で勝負するようにしましょう。

さて今回は、美容整形外科医のドラゴン細井さんにお越しいただき、美容外科の年収推移についてお話いただきます!美容整形外科の闇を暴露!?

それではお楽しみに!

☆当サイトではLINE相談も受付中です!

LINE 相談はこちら

☆忙しい学生向け! 5分対談動画はこちら↓


今回のお題:美容整形外科の、年収推移を聞いてみた!

今回は美容整形外科のドラゴン細井さんにお越しいただきました。

  • 医学部受験塾MEDUCATE塾長
  • 医院開業コンサル、人材紹介会社や芸能事務所も経営する医師界のキチガイ
  • YouTubeで受験チャンネル
  • 得意施術は二重・鼻・豊胸・脂肪吸引、骨切りなど

と、かなり濃いキャラのドラゴン細井さん。

ちなみに、株本氏の大ファンだそうです。

今回はドラゴン細井さんに、美容整形外科の年収推移などを伺います!

美容整形外科は研修医で、年収2,200万円!?

過去に、お医者さんに年収チャンネルに出演していただいた時に、『医者の中で美容整形外科が一番年収が高い』とお伺いした事があります。

では、本当に美容整形外科の年収は高いのでしょうか?

  • 研修医最初の2年目までは年収数百万円
  • 研修医3年目以降は年収2,200万円
  • 院長クラスになると年収5,000万円前後

上記が、美容整形外科のドラゴン細井さんに聞いた、美容整形外科の年収です。

さらに、新宿・池袋・渋谷などの大きい病院の医院長になると、年収1億円ほど稼ぐ人もいる、とのことでした。

また美容整形外科には、インセンティブという制度があります。

インセンティブ制度とは、病院にもよりますが、自分の年収額を超えた分の売上の10%をバックとして貰えるそうです。

さらに、脱毛やレーザーなどの看護師による施術も、ドクターが契約を獲得した場合は、ドクターの売上になる、とのことでした。

美容整形外科の稼ぎは、お医者さんの中でもズバ抜けていました。

麻酔科のフリーランスの年収がすごい!?

まず、麻酔科のフリーランスとは、個人で様々な病院と契約し活動している麻酔科医の事です。

では、麻酔科のフリーランスはいくら稼いでいるのでしょうか?

ドラゴン細井さんによると、多くの麻酔科のフリーランスが、軽く年収5,000万円ほど稼いでいるそうです。

また、心臓麻酔などの加算が取れる麻酔をかけた場合、1日で30万円~40万円稼ぐのだとか。

眼科医は儲かる!?

美容整形外科のドラゴン細井さんが思う、稼いでいる医者は、整形外科の開業医や、眼科の開業医、だそうです。

例えば、眼科の開業医の場合は、レーシックやICLという視力を良くする手術が、保険適用にならないので、儲かるそうです。

つまり、自費負担は価格を医者が決める事が出来るので稼げる、とのことでした。

また、内科クリニック等を多数展開している先生達が、稼いでいるとか。

なので、保険診療をバックに持っている人は、多くのお金を安定して稼げます。

ただ、保険診療で稼ぎすぎると、厚生労働省が稼げないようにするため、保険の点数が下がったりするそうです。

何故保険の点数を下げるかというと、保険料は国が7割負担するので、医療費の逼迫になってしまうからです。

研修医の人へ!

ドラゴン細井さんは、研修医の方から、ある相談を受ける事が多いそうです。

相談の内容が、『いきなり美容外科に行くのと、保険診療の科でしっかり修行してから、美容外科行くのと、どちらが良いですか?』というもの。

ドラゴン細井さんの回答は以下です。

まず、美容外科は年収が高いので魅力的に感じますが、リスクがあります。

例えば、自分に技術が無いまま大手美容外科に就職すると、そこでしか医者が出来ない状況になってしまいます。

なので、自分のキャリアをお金でチョイスすると、将来に制限を受けてしまう可能性があります。

また、美容外科は参入障壁が低く、他の科からも美容外科に来ることが出来るが、美容外科から他の科に出て行くことは難しいです。

結論、『医者として生きたいのか、お金儲けがしたいのか、ちゃんと分けて考えたほうが良い』とのことでした。

さて今回は、美容整形外科のドラゴン細井さんにお越しいただき、『美容外科の年収推移について伺いました!次回もドラゴン細井さんに、美容整形外科のチャンネー事情について、お話いただきます!

それではお楽しみに!

美容整形外科のチャンネー事情【vol.198


以下は、”当記事限定”で、今回の動画に関する補足解説を加えております。

貴重な就活と年収に関わる情報。何度も読み返せるよう、ブックマークしておきましょう♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人女性のほとんどが、二重整形をしている!?

今回は、日本人女性の二重整形事情について、お話しします。

女性が急に二重になると、顔の印象が変わりますね。

では、どのくらいの女性が二重整形をしているのでしょうか?

上記がわかる表をご用意しました。

日本人女性の、3人に1人が二重整形済み!?

FRONTROW

さて上記は、日本人女性426名に聞いた二重整形事情がわかるグラフです。

まず、『二重整形手術をしたことがある』と答えた女性が34%です。

なんと、3人に1人は二重整形手術をしたことがあるということがわかりました。

そして、『二重整形手術をしてみたいが、まだしていない』という女性が32%。

また、『二重整形手術をしたくない』という女性が34%でした。

女性の美に対する意識が高く、また美容整形に対する抵抗感が低く、なってきているようですね。

まとめ:ドラゴン細井さんはキャラが濃いが、話がわかりやすい!

いかがでしたか?

今回は、美容整形外科のドラゴン細井さんにお越しいただき、美容外科の年収推移についてお話いただきました。

まず、美容外科の年収は、研修医2年目までは年収数百万円、研修医3年目以降は年収2,200万円、院長クラスになると年収5,000万円前後、貰えるそうです。

そして、新宿・池袋・渋谷などの大きい病院の医院長になると、年収1億円ほど稼ぐ人もいる、とのことでした。

また、麻酔科のフリーランスは個人で病院と契約し、1日30万円~40万円稼ぐのだとか。

麻酔科のフリーランスは、年収だと5,000万円ほど稼いでいるそうです。

さて今回は、美容整形外科のドラゴン細井さんにお越しいただき、『美容外科の年収推移について伺いました!次回もドラゴン細井さんに、美容整形外科のチャンネー事情について、お話いただきます!

それではお楽しみに!

美容整形外科のチャンネー事情【vol.198

☆当サイトではLINE相談も受付中です!

LINE 相談はこちら

 

☆19卒、20卒限定キャリア面談はこちら!

キャリア面談を受ける

年収チャンネル運営者

株本 祐己

1990年生まれ。桐朋高校、早稲田大学出身。学生時代にベンチャー企業で新規事業の立ち上げを経験し2年で黒字化に成功。新卒で同社に入社し、3年間マーケティングの責任者として事業拡大に貢献。コンサルティングファームに転職し、大手金融機関の管理会計業務支援やネットワーク更改などのプロジェクトに従事。フリーランスとして独立しクライアント数を拡大。StockSun株式会社を創業し、1年経たずしてWEBコンサルタントとして月間300万円以上稼ぐことに成功。

年収チャンネル運営者

Recommend

おすすめの記事

About

年収チャンネルについて

せっかく大学受験頑張って、高学歴と言われる大学を卒業したのに、その後の年収が低かったら悲しいですよね。

学校の先生や両親はなかなか教えてくれない
『企業別の年収情報』『稼げるキャリアの歩み方』『年収別のリアルな生活水準』
などを、株本が様々なゲストを招待して徹底討論します。

今、オススメのベンチャー企業を教えてほしい!
大手企業とベンチャー企業、自分はどちらに就職するべきか教えてほしい!
今の時代、どんな経験や能力を求められているのか教えてほしい!

などなど、どれだけぶっ飛んだ質問でも構いません。気軽に株本までLINEで相談してください。
なるべく早めにご返信します。

Facebook

Twitter

Follow this site!