30歳で年収1,000万円のリアルな方法教えます!高学歴就活生の、年収アップを実現!|年収チャンネル

Follow this site!

こんなベンチャーはやめとけ③【vol.193】

こんなベンチャーはやめとけ③【vol.193】

前回のおさらい:『こんなベンチャーはやめとけ』気をつけるポイントは沢山ある!

前回、「こんなベンチャーはやめとけ②【vol.192」では、第一弾に引き続き、『こんなベンチャーはやめとけ』というお題で、株本氏にお話しいただきました。

  • 成長率250%!と書いているベンチャーはやめとけ
  • 社長が株式を50%持っていないベンチャーはやめとけ
  • 彼女が沢山いるけど全員ビミョー、な社長はやめとけw

上記3点が株本氏が思う、『こんなベンチャーはやめとけ』ポイントです。

まず、『成長率250%』と書いてるベンチャーとは、%表記にする事で凄そうに見せているだけの場合が多いです。

例えば、従業員数を100人から200人に増やすのは大変ですが、元が1人だと、成長率250%はすぐに達成できるからです。

なので、成長率○○%という書き方をしているベンチャーではなく、売上や利益の数字を求人に書いているベンチャーを選ぶようにしましょう。

次に、社長が株式を50%持っていないベンチャーです。

どういう事かというと、株式を50%持っていない社長は、雇われ社長に近いからです。

例えば何かを決断したいときに、出資してもらっている人達に、お伺いをたてなければならなくなります。

そうすると、ベンチャーで働く魅力の一つ、最高決済者が近くにいるからこそでるスピード感が失われてしまいます。

なので、『社長が株式を50%以上持っている会社』に就職したほうが良さそうですね。

最後に、彼女が沢山いるけど全員ビミョーな社長とは、やたら彼女の数を自慢してくるベンチャーの社長の事です。

株本氏は、やたら彼女の数を自慢してくる社長が、単純にキライだそうですw

毎回会うたびに彼女が違う人は、悪い印象を持ってしまうものですね。

さて今回は、『こんなベンチャーはやめとけ』第三弾です!!企業の嘘を見抜く方法!?

それではお楽しみに!

☆当サイトではLINE相談も受付中です!

LINE 相談はこちら

☆忙しい学生向け! 5分対談動画はこちら↓


今回のお題:第三弾!こんなベンチャーはやめとけ!

前回に引き続き『こんなベンチャーはやめとけ』というお題で、株本氏にお話ししていただきます。

株本氏がTwitterで『こんなベンチャーはやめとけ』とつぶやいたところ、多くの反響がありました。

そして反響と同時に、『こんなベンチャーはやめとけ』に対して質問を沢山いただいたので、何話かに分けて説明していただく事となりました。

なので今回も、『こんなベンチャーはやめとけ』と思う理由についてお話いただきます。

”バリュエーション”と、うるさい人がいるベンチャーはやめとけ!?

まずは、バリュエーションの意味について、簡単に説明します。

バリュエーションとは、会社の経済的な価値を評価する事です。

では何故、バリュエーションとよく言うベンチャーは、やめておいた方が良いのでしょうか?

例えば、株式が100株あり、1株1万円で経営者が保有しているとします。

そして、経営者が保有している株を、『売ってくれ』と言われ、1株10万円で100株売ったとします。

そうすると、100株で1,000万円のバリュエーションとなるわけです。

また、『100株1,000万円が経営者の資産』になります。

しかし、一時的に1株10万円の価値がついているだけです。

それなのに、『オレは1,000万円の資産があるんだよね。』ヅラをする経営者が多いそうです。

自分の会社の価値がいくらかなんて、株式公開するか売却するかしないと確定はしません

なので、本質的な価値ではないバリュエーションを考える時間があれば、会社の売上や利益を上げる事に時間を使ったほうが良い、というのが株本氏の意見です。

監査法人すら入ってないのに”IPO”と、うるさい人がいるベンチャーはやめとけ!?

まずは、”IPO”の意味について、簡単に説明します。

IPOとは、株を投資家に売り出し、証券取引所に上場し、誰でも株取引ができるようにすることです。

では何故、監査法人すら入っていないのに、”IPO”とうるさい人がいるベンチャーはやめといたほうが良いのでしょうか?

理由としては、上場なんてした事ないくせに上場やIPOを語られても信憑性が全くないからです。

また、監査法人と契約しただけで上場準備中です、といったイキり方をするベンチャーも株本氏は嫌っています。

例えば上場準備中は、監査法人が3年かけて会社の中を全て調べ、審査期間中は年間で数千万円費用が掛ります

なので、申請に行くまでに脱落していく会社が多いです。

その苦労をわからず、監査法人にお金を払っているだけで、上場企業ヅラをする経営者は良くないですね。

”イグジット”とうるさい人いるベンチャーはやめとけ!?

まずは、”イグジット”の意味について説明します。

イグジットとは、ベンチャーキャピタル等の投資ファンドにおける投資資金回収手段、または戦略の事を言います。

また、株式公開や投資先企業による買戻し、M&Aによる他の株主への売却等の手段の事です。

では何故、イグジットとうるさい人が多いベンチャーは、やめておいた方が良いのでしょうか?

株本氏の見解としては、イグジットを経験をしたことがない経営者が、イグジットについて語っている場合がおおいからです。

また、会社の売上と利益がでているからといって、買手が見つかるわけではありません

何故なら、市場は常に動いているからです。

さらに、3年前までの実績で、イグジットの話をする人もいるのだとか。

なので、『イグジットでいくらで売れますね。』と簡単に言われると、株本氏は『売ってから言え』と叫びたくなるそうです。

さて今回も、株本氏に『こんなベンチャーはやめとけ』というお題でお話いただきました!次回も引き続き、『こんなベンチャーはやめとけ』のお題で第四弾をお送りします!

それではお楽しみに!

こんなベンチャーはやめとけ④【vol.194


以下は、”当記事限定”で、今回の動画に関する補足解説を加えております。

貴重な就活と年収に関わる情報。何度も読み返せるよう、ブックマークしておきましょう♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

ITメガベンチャー平均年収ランキング!

今回は、ITメガベンチャーについてお話します。

ベンチャー企業の中でも、年収が高く、知名度が高い企業が多いITメガベンチャー

今回は、そんなITメガベンチャーの、平均年収などがわかるランキングをご用意しました。

ITメガベンチャーの平均勤続年数は短い!

20代〜30代の転職アカデミア

さて上記は、ITメガベンチャーの平均年収・従業員数・平均年齢・平均勤続年数がわかるランキングです。

ITメガベンチャーランキング1位は、リクルートホールディングスです。

リクルートホールディングスがどのような会社かというと、求人広告、人材派遣、販売促進などのサービスを手掛ける会社です。

また、平均年収が958万円、平均年齢が35.1歳、平均勤続年数はランキングの中では長い、5.8年です。

そして、ランキングを1位~10位まで見ていただくと、平均勤続年数1.3年~6.5年と、短い事がわかりました。

ITメガベンチャーは平均年齢が若いので、起業や転職をし、キャリアアップしようという人が就職する傾向にあるようです。

まとめ:株本氏は、様々な不満が溜まっている!?

いかがでしたか?

今回は、前回に引き続き『こんなベンチャーはやめとけ』というお題で、株本氏にお話しいただきました。

  • ”バリュエーション”と、うるさい人がいるベンチャーはやめとけ
  • 監査法人すら入ってないのに”IPO”と、うるさい人がいるベンチャーはやめとけ
  • ”イグジット”とうるさい人いるベンチャーはやめとけ

上記3点が、株本氏が思う『こんなベンチャーはやめとけ』と思うポイントです。

まず、バリュエーション”とうるさい人とは、本質的な価値ではないバリュエーションを、資産と考えている人の事です。

そして、自分の会社の価値がいくらかなんて、株式公開・売却をするかしないとわからないですよね。

なので、バリュエーションを考える時間があるのであれば、『会社の売上・利益を上げる事に時間を使ったほうが良い』というのが株本氏の意見です。

次に、監査法人すら入ってないのに”IPO”と、うるさい人とは、監査法人にお金を払っているだけで、上場企業ヅラをする経営者の事です。

何故なら、上場するのはとても難しいからです。

例えば、監査法人が3年かけ会社の中を全て調べ、費用も年間で数千万円掛ります。

そして、経営が傾き申請に行くまでに脱落していく会社がほとんどです。

なので、契約しただけで『IPO予備軍なんで』という顔をするの経営者が居るベンチャーは、やめておきましょう。

最後に、”イグジット”とうるさい人がいるベンチャーも嫌ですね。

イグジットを経験をしたことがない経営者が、イグジットについて語る事なんて馬鹿らしいです。

未経験者に『これイグジットでいくらで売れますね。』と言われると、『売ってから言え』と叫びたくなりますねw

さて今回も、株本氏に『こんなベンチャーはやめとけ』というお題でお話いただきました!次回も引き続き、『こんなベンチャーはやめとけ』のお題で第四弾をお送りします!

それではお楽しみに!

こんなベンチャーはやめとけ④【vol.194

☆当サイトではLINE相談も受付中です!

LINE 相談はこちら

 

☆19卒、20卒限定キャリア面談はこちら!

キャリア面談を受ける

年収チャンネル運営者

株本 祐己

1990年生まれ。桐朋高校、早稲田大学出身。学生時代にベンチャー企業で新規事業の立ち上げを経験し2年で黒字化に成功。新卒で同社に入社し、3年間マーケティングの責任者として事業拡大に貢献。コンサルティングファームに転職し、大手金融機関の管理会計業務支援やネットワーク更改などのプロジェクトに従事。フリーランスとして独立しクライアント数を拡大。StockSun株式会社を創業し、1年経たずしてWEBコンサルタントとして月間300万円以上稼ぐことに成功。

年収チャンネル運営者

Recommend

おすすめの記事

About

年収チャンネルについて

せっかく大学受験頑張って、高学歴と言われる大学を卒業したのに、その後の年収が低かったら悲しいですよね。

学校の先生や両親はなかなか教えてくれない
『企業別の年収情報』『稼げるキャリアの歩み方』『年収別のリアルな生活水準』
などを、株本が様々なゲストを招待して徹底討論します。

今、オススメのベンチャー企業を教えてほしい!
大手企業とベンチャー企業、自分はどちらに就職するべきか教えてほしい!
今の時代、どんな経験や能力を求められているのか教えてほしい!

などなど、どれだけぶっ飛んだ質問でも構いません。気軽に株本までLINEで相談してください。
なるべく早めにご返信します。

Facebook

Twitter

Follow this site!