30歳で年収1,000万円のリアルな方法教えます!高学歴就活生の、年収アップを実現!|年収チャンネル

Follow this site!

外資系コンサルは給料が意外と低い?(ボスコン・マッキンゼー・アクセンチュア・PwC等)【vol.077】

外資系コンサルは給料が意外と低い?

前回のおさらい:リクルートの年収と離職理由は?

前回「(株)リクルートはブラック?年収公開|vol.076」は、シャイニング丸の内さんをゲストにお招きして、リクルートの年収と離職理由について語っていただきました。

「理系で暗い学生生活だった」と言うシャイニング丸の内さん。

リクルートで働く人の楽しそうな姿を見て「輝かしい世界だ」と感じ、入社されたそうです。

リクルートの給与面についてもうかがいました。

・初任給は年収400万円強
・30歳でマネージャー職になると年収900〜1,000万円

しかし、30歳でマネージャー職というのは、だいぶ出世できたケース。シャイニング丸の内さんも「これはかなりハッピーなルートです」とコメント。

営業に配属されて目標未達だと毎週個人面談が設定されるなど、「ハッピーじゃないルート」に入ってしまうことも……。

リクルートでは、3年で3割くらいはネガティブな理由で退職してしまうという現実もあります。

逆に、ハードな部署で3年続けば、それなりに実行力は評価されます!

シャイニング丸の内さんがリクルートを離職された理由は、

「ビジネスを俯瞰的に見る・分析を学ぶという部分では足りていないと感じたため」

だそうです。

その後は、ビジネスを俯瞰的に見ることができるという視点から、外資系コンサルに転職されました。

今回は引き続きシャイニング丸の内さんから、リクルートからの転職先に選んだ外資系コンサルの実態についてお話をして頂きます!

☆当サイトではLINE相談も受付中です!

LINE 相談はこちら

☆忙しい学生向け! 5分対談動画はこちら↓


今回のお題:外資系コンサルは給料が意外と低い?

「そもそも外資系コンサルってどんな仕事?」と疑問に思われる方も結構いらっしゃると思いますので、まずは外資のコンサルティングファームについて詳しく教えていただき、それから給料のお話をしていただましょう!

コンサルに入って最初の仕事は奴隷作業?

新卒入社でも中途採用でも、コンサル会社に入ったらまずは1番下の職位からスタートします。

コンサル入社後すぐは、どんな仕事をするのでしょう?

「いわゆる奴隷作業みたいなとこから始まる」とシャイニング丸の内さん。

ここで言う「奴隷作業」とは、「コンサルティングに必要な実作業全部」のことです。

例えば、

  • プレゼン用のパワポ作成
  • エクセルで定量分析などを行う
  • インタビューを行う
  • 移動のセット

を具体例として挙げられました。

これはどこのコンサルも同じような感じで、案件を取ってくるのが「パートナー」、人を使って回していくのが「マネージャー」、そして1番下に実作業(いわゆる「奴隷作業」)要員いうふうに分かれるんだそう。

社会人経験があっても、コンサル経験が浅ければ「奴隷作業」からのスタート。

いきなりマネージャー職に就けるわけではないんですね。

コンサル=結果を出さないとクビ切られるって本当?

ここで「結果を出さないとすぐクビになるって本当なんですか?」と株本氏から質問。

これに対しては「実際そんなことはない」との回答をいただきました。

むしろ、現在コンサル業界は活況で人不足!

バンバン人を切っていって良い状態ではないんだそう。クビにすることは実務上でもあまり賢くない選択肢だ、とのこと。

コンサル=結果を出さないとすぐクビを切られる、というイメージとは真逆の現況なんですね!

しかし、実際辞めていく人も多いコンサル業界……。

ビにされて離れるというよりは、本人が「キツイな」と悟って自主退職するケースが多いんだそうです。

外資系コンサル給料の初速はいいが伸びていく人は多くない

高給のイメージもあるコンサルですが、実際のところはどうなんでしょう?

シャイニング丸の内さん曰く、

  • 新卒の初年俸は500万〜600万円ぐらい
  • 奴隷作業→マネージャー→パートナーと出世していっても1,000万〜1,500万円程度

このように、新卒の初任給としては高めだが、出世してもそれほど昇給が見込めないみたいです。

「年収1,000万円もあれば十分じゃない?!」と思われる方もいらっしゃるかも知れません。

しかし、たとえ年収1,200万もらっても「ハードな仕事内容の割にこれだけ……?」という感じになるそうです。

パートナー職まで登り詰めれば給料もガツンとアップ!するそうです。

しかし、コンサルでパートナー職になれる人は全体の100分の1程度という狭き門……。

現実は、マネージャーかマネージャー1歩手前あたりで離職してしまう人が多いんだとか。

コンサルは高給だけど割に合わない

コンサル=高給のイメージが強いものの、仕事量を考えると「これで1,200万円か……」と感じることも多く、お金が儲かるという感じの職業ではないとのこと。

「だったら外資系金融の方が良いですよね」とコメントする株本氏。

これについてはシャイニング丸の内さんも

「お金が欲しいんだったら金融一択!迷う必要全くなし!」と明言されました。

どういう人がコンサルに行けばいい?

お金が欲しいならコンサルじゃなく金融一択!

どういう人がコンサルに行けばいいのか?

この質問に対して、シャイニング丸の内さんからは、

  • いろんなものを見たい“ビジネスの観光旅行”が好きな人
  • ビジネスの基礎体力を押し上げられるので若いうちに行っとくのがオススメ

とご回答いただきました。

さて次回は、シャイニング丸の内さんに「外資系コンサルの比較と動向」についてお話していただきます。

マッキンゼー、ボストンコンサルティング、アクセンチュアなどを比較しつつ、最近のコンサル業界の動きを教えていただきました!「学生にはどこがオススメ?」という質問にもご回答いただいています。お楽しみに!

⇒マッキンゼーVSボストンコンサルティング|vol.078


以下は、”当記事限定”で、今回の動画に関する補足解説を加えております。

貴重な就活と年収に関わる情報。何度も読み返せるよう、ブックマークしておきましょう♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンサルの「マネージャー」「パートナー」の仕事内容とは?

今回の記事では、コンサルに入って初めのうちはパワポやエクセルをはじめとした「実作業」が多いということでした。

実作業要因の上層に位置する「マネージャー」「パートナー」は、具体的にどんな仕事内容なんでしょう?

今回の動画で、シャイニング丸の内さんは、

  • 案件を取ってくるのが「パートナー」
  • 人を使って回していくのが「マネージャー」

と簡潔に説明されました。

もう少し掘り下げて見ていきましょう。

まずは、「パートナー」から。

コンサルのパートナーの仕事は「営業」と「経営」

コンサルティング転職によりますと、コンサルにおけるパートナーの仕事内容は大きく分けて、

  1. 営業
  2. コンサルティングファームの経営

の2つだそうです。

1つ目の「営業」とは、顧客を開拓して新たなプロジェクトを受注すること。

セミナーを開催したり個人的な人脈を通じたりして、プロジェクトを受注します。

受注経路は多岐にわたり、セミナーや人脈以外では、ブログから連絡をゲットするというケースもあります。

2つ目の「コンサルティングファームの経営」には、成長戦略をどう描くか、人材をどう育成していくかなどが含まれます。

コンサルのパートナーは、コンサルという仕事を天職だと感じた一握りの人間がたどり着くステータスだと言えます。

コンサルのマネージャーの仕事は「管理」と「折衝」

次に、「マネージャー」についてです。

コンサルティング転職によりますと、コンサルにおけるマネージャーの仕事を大きく分けると、以下3つになります。

  1. プロジェクト管理
  2. 顧客との折衝
  3. 予算管理

プロジェクトが開始したら担当を割り振り、メンバーとディスカッションする時間もとりながら、プロジェクトが期限内に完了するよう働きかけます。

また、クライアントへの報告や意見交換など、クライアントともっとも接触が多いのも、マネージャーです。

社内のスケジュール管理や担当割り振りを担う立場である分、軋轢に揉まれて苦労することも多いようです……。

まとめ:外資系コンサル給料は仕事量に対して低い!

いかがでしたか?

コンサルの仕事は「稼げる」イメージが強いという人がいらっしゃるかもしれません。

しかし、シャイニング丸の内さんのお話から、ハードな仕事内容への対価としては低い給料で、長く続けられても一握りの人しか給料を伸ばしていくことができないという実情をお聞きすることができました。

マネージャー職、パートナー職と階層を上げていくことで年収アップは望めますが、割合としては「1%程度」という狭き門……。

仕事がキツくて脱落していってしまう人も少なくありません。

「稼ぎたい」という理由だけでコンサルを選ぶのはオススメではないんですね。

稼ぎたい人は金融一択!

これについては、シャイニング丸の内さんも株本氏も意見が一致していました。

それでもコンサルに興味があるという人へ、コンサルが向いている人についてもお聞きしました。

コンサルは、若いうちにいろんな業界にアサインして経験を積みたい人や、ビジネスの基礎体力をつけたい人にはオススメだということでした。

「若いうちにビジネスの経験値を上げたい!」

そんな人はコンサル会社でスキルアップをはかることができますというお話でした。

次回は、シャイニング丸の内さんに「外資系コンサルの比較と動向」についてお話していただきます。

マッキンゼー、ボストンコンサルティング、アクセンチュアなどを比較しつつ、最近のコンサル業界の動きを教えていただきました!「学生にはどこがオススメ?」という質問にもご回答いただいています。お楽しみに!

⇒マッキンゼーVSボストンコンサルティング|vol.078

☆当サイトではLINE相談も受付中です!

LINE 相談はこちら

 

☆19卒、20卒限定キャリア面談はこちら!

キャリア面談を受ける

年収チャンネル運営者

株本 祐己

1990年生まれ。桐朋高校、早稲田大学出身。学生時代にベンチャー企業で新規事業の立ち上げを経験し2年で黒字化に成功。新卒で同社に入社し、3年間マーケティングの責任者として事業拡大に貢献。コンサルティングファームに転職し、大手金融機関の管理会計業務支援やネットワーク更改などのプロジェクトに従事。フリーランスとして独立しクライアント数を拡大。StockSun株式会社を創業し、1年経たずしてWEBコンサルタントとして月間300万円以上稼ぐことに成功。

年収チャンネル運営者

Recommend

おすすめの記事

About

年収チャンネルについて

せっかく大学受験頑張って、高学歴と言われる大学を卒業したのに、その後の年収が低かったら悲しいですよね。

学校の先生や両親はなかなか教えてくれない
『企業別の年収情報』『稼げるキャリアの歩み方』『年収別のリアルな生活水準』
などを、株本が様々なゲストを招待して徹底討論します。

今、オススメのベンチャー企業を教えてほしい!
大手企業とベンチャー企業、自分はどちらに就職するべきか教えてほしい!
今の時代、どんな経験や能力を求められているのか教えてほしい!

などなど、どれだけぶっ飛んだ質問でも構いません。気軽に株本までLINEで相談してください。
なるべく早めにご返信します。

Facebook

Twitter

Follow this site!