30歳で年収1,000万円のリアルな方法教えます!高学歴就活生の、年収アップを実現!|年収チャンネル

Follow this site!

株式会社朝日新聞社はブラック企業?平均年収や評判・口コミ

株式会社朝日新聞社の平均年収、年齢別の年収や企業の口コミをご紹介してまいります。

新聞業朝日新聞社について

朝日新聞社は、全国紙『朝日新聞』を発行する日本の新聞社です。
新聞以外に雑誌・書籍の出版や芸術作品の展示・公演、スポーツ大会の開催などの事業活動も行っています。
仕事内容は、記者部門、ビジネス部門、エンジニア部門に分かれています。
記者部門は、全国に取材網を持ち、紙とデジタル両方で情報発信の第一線を担っています。
ネット時代には、デジタルコンテンツへの発信が増えています。
ビジネス部門は、暮らしに役立つサービスを生み出しています。
情報コンテンツや全国の販売網などを活用して、読者や顧客に提供するサービスを企画立案し、提案します。
エンジニア部門は、新聞社の活動を支え、新技術も開発しています。
これ以外にも、教育総合本部や新規事業の起案・開発を担うメディアラボなど、職種のデパートと言われる幅広いフィールドがあります。
すべて新しいメディア時代を切り拓いていく仕事となっています。
ハードワークなイメージを持たれがちな新聞業界ですが、朝日新聞社は「持続可能な働き方」を目指し、様々な取り組みをしており、それぞれの職場で、仕事のやり方や業務量、サポート体制の見直しを進めています。
そして、効率的な働き方をしている人を評価する仕組みも導入しています。
ベビーシッター補助制度や託児所、短時間勤務や在宅勤務制度といった子育て支援が整っており、育休・産休からの復帰率は100%となっており、女性が働きやすい職場は、だれもが働きやすい環境づくりにつながっています。
新聞業界初の「ホワイト500」の認定も受けました。

新聞業朝日新聞社の会社情報

企業名 新聞業朝日新聞社
本社所在地 〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2、〒530-8211 大阪府大阪市北区中之島2-3-18、〒803-8586 福岡県北九州市小倉北区室町1-1-1、〒460-8488 愛知県名古屋市中区栄1-3-3、〒060-8602 北海道札幌市中央区北一条西1-6、〒812-8511 福岡県福岡市博多区博多駅前2-1-1
支店住所 全国に多数
HPのURL http://www.asahi.com/corporate/
設立年月日 1879年1月8日
代表取締役 渡辺 雅隆
役員 代表取締役社長:渡部 雅隆、常務取締役:西村 陽一・藤井 龍也・梅田 正行、取締役:高田 覚・小西 勝英・小林 剛・福地 献一・中村 博信・藤ノ木 正哉、常勤監査役:永江 正幸・坂本 弘子、監査役:安田 隆二・金子 圭子・足立 直樹、上席執行役員:町田 智子、執行役員:大西 弘美・橋本 仁・市村 友一・宍道 学・秋保 尚志・長 典俊・三上 完治・福島 繁・堀江 隆・岡本 順・尾形 俊三、北海道支社長:池内 清、役員待遇:根本 清樹
上場・非上場 現在調査中
電話番号 現在調査中
FAX番号 現在調査中
決済月 3月
売上高 連結:3,894億890万円、単体:2,552億720万円
従業員数 単体:4,449名
男女比 現在調査中
CM動画 https://www.youtube.com/watch?v=M-RvgxkeB_8

新聞業朝日新聞社の事業内容

主な事業内容は、新聞の制作、発行及び販売です。

経営理念とビジョン

経営理念

ジャーナリズムを中心に、文化・スポーツ催事の主催・運営や、都市開発・不動産事業まで手掛ける総合メディア企業です。事業を独自調査で掘り起こす報道機関であることを原点としつつ、暮らしを豊かにするコンテンツ・サービス・建物の提供を通じて、読者や会社とともに考え、ともにつくるメディアを目指しています。

ビジョン

ともに考え、ともにつくる

年収と年度別・年齢別年収

年収(平均年収、年度別平均年収、年齢別平均年収)

年収は1,236万円~1,299万円で、平均年収は1,262万円です。

年度別平均年収は、こちらです。

平成28年:1,214万円、平成27年:1,244万円、平成26年:1,236万円、平成25年:1,299万円、平成24年:1,280万円、平成23年:1,287万円、平成22年:1,252万円

年齢別の平均年収は、下記となっております。

20~24歳:723.9万円、25~29歳:901.7万円、30~34歳:990.6万円、35~39歳:1,130.3万円、40~44歳:1,262.0万円、45~49歳:1,422.4万円、50~54歳:1,524.0万円、55~59歳:1,460.5万円、60~65歳:1,028.7万円

給与制度・福利厚生

初任給も調査致しました。

大学卒:月給26万6,503円、大学院卒:月給28万5,522円

では、給与制度やひと月の残業時間、有給消化率、離職率はどうなっているのでしょうか?

給与制度

新聞業朝日新聞社の平均勤続年数は20.2年です。

【給与制度】
昇給:年1回(4月)、賞与:年4回(6月、9月、12月、3月)
【月間残業時間】
58.9時間
【有給消化率】
42.0%

福利厚生や社内制度

福利厚生としては保険:健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
制度:財形年金、財形住宅、住宅資金貸付
施設:本社・健康保険組合直営保養所、フィットネスルーム、付属診療所などがあります。
社内制度はキャリアコンサルティング制度、メンター制度があります。
人事制度は朝日新聞社には、様々な制度があり、「育児・介護休業制度」「在宅勤務制度」「自己充実休職制度」などがあります。「育児・介護休業制度」は、夫婦ともに同時に休業することができる制度です。育児休業は満2歳の年度末まで、介護休業は最長1年取得することができます。「在宅勤務制度」は、オフィスで働くと同様に仕事を自宅で行うことができる制度です。この制度は、仕事と生活の両立のために導入されています。「自己充実休職制度」は、最短6か月から最長3年まで、留学や社会貢献活動、不妊治療のための取得が可能となっている制度です。年2回募集されており、選考が行われています。

出典元:https://www.asahishimbun-saiyou.com/life/benefit

会社評判・口コミ・ブラック企業度合いは?

最近は縮小傾向ですが、福利厚生の充実ぶりも評価できます。家賃補助、入院など高額負担時の医療費補助、財形貯蓄、団体生命保険などがあります。割り引きサービスが受けられる提携企業もいくつかあります。

出典元:https://en-hyouban.com/company/00004980215/

ブラックな口コミは?

新聞産業自体の先行きがきわめて厳しいなか、業界内では経営体力が強いと言われるこの会社でも将来展望は明るくはありません。新聞発行部数の減少は止まる見通しがなく、ウェブでどこまで収益を確保できるようになれるかが課題です。

出典元:https://en-hyouban.com/company/00004980215/

会社の著名人は?

現在調査中

新聞業朝日新聞社の採用情報

採用人数、インターン

採用人数は50~100名程度で、インターンは夏・秋に開催されます。コースは、「ジャーナリストコース」「ビジネスコース」「メディアテクノロジーコース」の3コースです。「ジャーナリストコース」は、5daysと1dayと分かれています。講義やグループワーク、社内見学などが行われます。「ビジネスコース」は、販売、メディアビジネス、企画事業、デジタル事業、管理・財務の5つの職種があります。多様な仕事を実務に即したグループワークなどを通じて知り、アイデアを形にすることのおもしろさや難しさを体験します。「メディアテクノロジーコース」は、ガイダンス、パソコンやスマホを使った出稿実習、デジタル研修などが行われます。

出身大学の傾向・学歴

秋田大学、神戸大学、北海道大学、早稲田大学、立教大学、明治大学、日本大学、名古屋大学、筑波大学など

新聞業朝日新聞社のまとめ

いかがでしたか?「新聞業朝日新聞社」はあなたの将来稼ぎたい年収でしたか?

年収チャンネルでは、大企業の年収、ベンチャー企業の年収を随時調査しております。
お探しの企業がある方は以下からお探しください。

ベンチャーの年収に関する記事一覧
大企業の年収に関する記事一覧

年収チャンネルからのコメント

 

☆19卒、20卒限定キャリア面談はこちら!

キャリア面談を受ける

年収チャンネル運営者

株本 祐己

1990年生まれ。桐朋高校、早稲田大学出身。学生時代にベンチャー企業で新規事業の立ち上げを経験し2年で黒字化に成功。新卒で同社に入社し、3年間マーケティングの責任者として事業拡大に貢献。コンサルティングファームに転職し、大手金融機関の管理会計業務支援やネットワーク更改などのプロジェクトに従事。フリーランスとして独立しクライアント数を拡大。StockSun株式会社を創業し、1年経たずしてWEBコンサルタントとして月間300万円以上稼ぐことに成功。

年収チャンネル運営者

Recommend

おすすめの記事

About

年収チャンネルについて

せっかく大学受験頑張って、高学歴と言われる大学を卒業したのに、その後の年収が低かったら悲しいですよね。

学校の先生や両親はなかなか教えてくれない
『企業別の年収情報』『稼げるキャリアの歩み方』『年収別のリアルな生活水準』
などを、株本が様々なゲストを招待して徹底討論します。

今、オススメのベンチャー企業を教えてほしい!
大手企業とベンチャー企業、自分はどちらに就職するべきか教えてほしい!
今の時代、どんな経験や能力を求められているのか教えてほしい!

などなど、どれだけぶっ飛んだ質問でも構いません。気軽に株本までLINEで相談してください。
なるべく早めにご返信します。

Facebook

Twitter

Follow this site!