30歳で年収1,000万円のリアルな方法教えます!高学歴就活生の、年収アップを実現!|年収チャンネル

Follow this site!

株式会社みずほフィナンシャルグループ はブラック企業?平均年収や評判・口コミ

株式会社みずほフィナンシャルグループ の平均年収、年齢別の年収や企業の口コミをご紹介してまいります。
みずほフィナンシャルグループは2003年1月8日に設立されました。
本社は、東京都千代田区大手町にあります。
現在、みずほフィナンシャルグループはみずほ銀行、みずほ信託銀行、みずほ証券などを主要子会社にもち、東証1部やNYSEにも上場している大企業です。

みずほフィナンシャルグループについて

みずほフィナンシャルグループは三菱UFJフィナンシャルグループや三井住友フィナンシャルグループと並ぶ日本3大メガバンクの1つで、資本金は2兆円を超えています。
銀行・信託・証券・アセットマネジメント・リサーチ&コンサルティングなどの各事業が連携することで、お客様のニーズに最大限応える「One MIZUHO戦略」を推進しており、国内外問わず様々なサービスを展開しています。
新卒採用の応募資格は4年制大学以上の卒業となっており、学歴ではなく当人の能力や実力、人間性が採用判断の材料となっています。
ただ、新卒社員の出身大学は東京大学、一橋大学、早稲田大学、慶應義塾大学、広島大学などの有名大学が多くなっているようです。
また、初任給は約20万円程度ですが、賞与は年に2回、昇給機会は年に1回程度あり、30代後半の平均年収は1000万円を超えるほどの給与となっています。
さらに、給与以外にも福利厚生や通勤補給費全額支給、昼食費補助等の諸手当も充実しています。
ただ、部署によって異なりますが、残業は月に約30時間程度あります。
社員の口コミとしては、充実した福利厚生や教育、研修制度に対するポジティブな口コミが多くなっていました。
また、女性からは育休や産休に関する制度に特に高評価が集まっています

新卒採用の応募資格は4年制大学以上の卒業となっており、学歴ではなく当人の能力や実力、人間性が採用判断の材料となっています。
ただ、新卒社員の出身大学は東京大学、一橋大学、早稲田大学、慶應義塾大学、広島大学などの有名大学が多くなっているようです。
また、初任給は約20万円程度ですが、賞与は年に2回、昇給機会は年に1回程度あり、30代後半の平均年収は1000万円を超えるほどの給与となっています。

さらに、給与以外にも福利厚生や通勤補給費全額支給、昼食費補助等の諸手当も充実しています。
部署によっても異なりますが、残業は月に約30時間程度あります。

社員の口コミとしては、充実した福利厚生や教育、研修制度に対するポジティブな口コミが多くなっていました。
また、女性からは育休や産休に関する制度に特に高評価が集まっています。
ただ、裁量労働による時間外勤務、昇給機会の少なさなどに関するマイナスの口コミが多くなっています。

みずほフィナンシャルグループの会社情報

企業名 みずほフィナンシャルグループ
本社所在地 〒100–8176 東京都千代田区大手町1–5–5 大手町タワー
支店住所 現在調査中
HPのURL https://www.mizuho-fg.co.jp/index.html
設立年月日 2003年1月8日
代表取締役 坂井 辰史
役員 取締役:西山 隆憲、梅宮 真、柴田 保之、佐藤 康博、綾 隆介、船木 信克、取締役(社外取締役):関 哲夫、川村 隆、甲斐中 辰夫、阿部 紘武、大田 弘子、小林 いずみ
上場・非上場 東京証券取引所第1部、ニューヨーク証券取引所(MFG)に株式を上場
電話番号 03-5224-1111
FAX番号 現在調査中
決済月 3月
売上高 3兆780億8,400万円
従業員数 29,848名(連結:59,179名)
男女比 1:1
CM動画 https://www.youtube.com/user/MizuhoFGOfficial

みずほフィナンシャルグループの事業内容

主な事業内容は、銀行、信託、証券、アセットマネジメント、リサーチ&コンサルティングです。

経営理念とビジョン

経営理念

みずほフィナンシャルグループでは、<みずほ>として行うあらゆる活動の根幹をなす考え方として、基本理念・ビジョン・みずほValueから構成される『<みずほ>の企業理念』を制定しています。この考え方に基づきグループが一体となって事業運営・業務推進を行うことで、お客さまと経済・社会の発展に貢献し、みなさまに<豊かな実り>をお届けしてまいります。

ビジョン

日本、そして、アジアと世界の発展に貢献し、お客さまから最も信頼される、グローバルで開かれた総合金融グループ

年収と年度別・年齢別年収

年収(平均年収、年度別平均年収、年齢別平均年収)

年収は510万円~1,300万円で、平均年収は950万円です。

年度別平均年収は、こちらです。

平成28年:990万円
・平成27年:970万円
・平成26年:948万円
・平成25年:932万円
・平成24年:929万円

年齢別の平均年収は、下記となっております。

20~24歳:510万7,000円
・25~29歳:787万円
・30~34歳:951万2,000円
・35~39歳:1,056万5,000円
・40~44歳:1,113万5,000円
・45~49歳:1,255万6,000円
・50~54歳:1,294万9,000円
・55~59歳:1,171万5,000円
・60~64歳:771万8,000円

給与制度・福利厚生

初任給も調査致しました。

月20万円程度

では、給与制度やひと月の残業時間、有給消化率、離職率はどうなっているのでしょうか?

給与制度

みずほフィナンシャルグループの離職者は年間921名(みずほフィナンシャルグループ、みずほ銀行、みずほ情報総研、みずほ信託銀行)です。

【給与制度】
賞与:年2回、昇給:年1回
【月間残業時間】
33.9時間
【有給消化率】
51%

福利厚生や社内制度

福利厚生としては各種社会保険完備の他、持株会制度、事業所内保育所・ベビーシッター育児支援割引制度、社員毎のニーズに応じた住宅関連制度、財産形成支援制度、余暇支援制度等があります。
社内制度は公募留学制度、外部研修派遣制度、支店長公募制度、若手課長公募制度、職系転換制度、キャリアアドバイザー面談制度、新入社員入社時研修会などがあります。
人事制度はグループ内の社員の基本的処遇を共通化しており、各組織を横断的に異動する人事ローテーションをグローバルベースで行っています。期初に設定した目標の達成度に応じた公正な成果評価を実施し、その中で生産性を向上させる取り組み等も評価することで、成果主義の中でも社員の貢献を見落とさないようしています。また、能力発揮状況を含めて総合的な評価を行い、その評価結果を、各期の賞与、給与改定や退職金などに反映しています。課長相当以上の管理職に対しては、同僚や部下複数人による「360度評価」を実施し、評価の透明性や納得性を高めています。

出典元:https://www.mizuho-fg.co.jp/csr/employee/success/hr/index.html

会社評判・口コミ・ブラック企業度合いは?

効率的に業務をこなし、支店全体で早く帰るような体制づくりができているので、上司の目を気にせず、早帰りをすることができています。半期の残業時間の目標が課せられているので、時間を意識して仕事をすることができます。

出典元:https://en-hyouban.com/company/10011855558/

ブラックな口コミは?

現在所属する部署は出世コースとも言われるが、その分、裁量労働で営業店の倍以上の時間外勤務を行っており、偏り過ぎだと感じる。

出典元:https://en-hyouban.com/company/10011855558/kuchikomi/2570364/

会社の著名人は?

佐藤康博、坂井辰史

みずほフィナンシャルグループの採用情報

採用人数、インターン

採用人数は700名程度で、インターンは現在調査中です。

出身大学の傾向・学歴

東京大学、一橋大学、早稲田大学、慶應義塾大学、京都大学、広島大学を中心とする名門大学

みずほフィナンシャルグループのまとめ

いかがでしたか?「みずほフィナンシャルグループ」はあなたの将来稼ぎたい年収でしたか?

年収チャンネルでは、大企業の年収、ベンチャー企業の年収を随時調査しております。
お探しの企業がある方は以下からお探しください。

ベンチャーの年収に関する記事一覧
大企業の年収に関する記事一覧

年収チャンネルからのコメント

 

☆19卒、20卒限定キャリア面談はこちら!

キャリア面談を受ける

年収チャンネル運営者

株本 祐己

1990年生まれ。桐朋高校、早稲田大学出身。学生時代にベンチャー企業で新規事業の立ち上げを経験し2年で黒字化に成功。新卒で同社に入社し、3年間マーケティングの責任者として事業拡大に貢献。コンサルティングファームに転職し、大手金融機関の管理会計業務支援やネットワーク更改などのプロジェクトに従事。フリーランスとして独立しクライアント数を拡大。StockSun株式会社を創業し、1年経たずしてWEBコンサルタントとして月間300万円以上稼ぐことに成功。

年収チャンネル運営者

Recommend

おすすめの記事

About

年収チャンネルについて

せっかく大学受験頑張って、高学歴と言われる大学を卒業したのに、その後の年収が低かったら悲しいですよね。

学校の先生や両親はなかなか教えてくれない
『企業別の年収情報』『稼げるキャリアの歩み方』『年収別のリアルな生活水準』
などを、株本が様々なゲストを招待して徹底討論します。

今、オススメのベンチャー企業を教えてほしい!
大手企業とベンチャー企業、自分はどちらに就職するべきか教えてほしい!
今の時代、どんな経験や能力を求められているのか教えてほしい!

などなど、どれだけぶっ飛んだ質問でも構いません。気軽に株本までLINEで相談してください。
なるべく早めにご返信します。

Facebook

Twitter

Follow this site!