30歳で年収1,000万円のリアルな方法教えます!高学歴就活生の、年収アップを実現!|年収チャンネル

Follow this site!

オンラインサロン開設について(質問回答)【vol.121】

オンラインサロン開設について(質問回答)【vol.121】

前回のおさらい:2〜3年後なんて知らない!今を生きろ!

前回、「株本は2~3年後失脚する(質問回答)【vol.120】」では、煽り系の2つの質問に回答しました。

1つ目の質問は『株本さん2〜3年後には失脚しそうだけど大丈夫?』という内容でしたが、株本氏は2〜3年後なんてしらねぇよ!と回答。笑

株本氏は2〜3年後のことなどはあまり心配していません。

会社員の生涯年収が約3億円だとすると、失脚するまでに3億稼いでしまえば、最悪失脚しても問題ないですよね。

わかりもしない2〜3年後の心配をするより、早く一生分お金を稼ぐために今を必死に生きるべき、というのが株本氏の回答でした。

2つ目の質問は、『株本氏はいつまでイキっているの?』というかなりの煽り質問。笑

これに株本氏は、『いつまでもイキり続けます』と回答しました。

大半の人は社会人になると社会人になって周囲にすごい人が増えてくると、学生時代はイキっていた人も圧倒されて徐々にイキれなくなっていきます。

それでもイキり続けられる人は、よほどメンタルが強いか強靭な実績を持っているなど、何かしらのイキり続けられる理由があると株本氏とは言います。

社会人になってもイキれるのは、努力を続けて強いメンタルを持ち実績を出し続けた人の特権、ということですね。

さて今回も引き続き質問回答コーナーです!今回は視聴者さんから、株本氏の将来を心配する声が届いているのだとか・・・視聴者さんからのキツめの質問に株本氏はどう回答するのでしょうか!?

では、ご覧ください!

☆当サイトではLINE相談も受付中です!

LINE 相談はこちら

☆忙しい学生向け! 5分対談動画はこちら↓


今回のお題1:株本氏はどんな案件を扱っているの?

最初の質問は、株本氏の扱う案件についてのお話です。

なんとなく株本氏の業種などのお話をしたことはありましたが、具体的に取り扱っている案件についてはあまりこれまで語ってこなかった部分ですね。

実際に株本氏がどんな案件を扱っているのか、伺ってみましょう。

みなさんお馴染みの年収チャンネル!

まず1つ目は、みなさんお馴染みの『年収チャンネル』についてです。

年収チャンネルは、クライアントから『こんなプロジェクトを行って欲しい』という発注があり、実際に株本氏が形にしたものです。

ですので、年収チャンネルの制作にかかる費用はクライアントから出ています。

ちなみに株本氏の会社では、2019年2月現在およそ40件のプロジェクトを運用しています。

その中にはクライアントが『コンサルタントに依頼している』ということを伏せておきたい案件もあるため、全てを公開することはできませんが、今回は一部を紹介したいと思います。

年収チャンネル以外の株本氏の案件を紹介

年収チャンネル以外で株本氏が運用している案件を、2つご紹介いたします。

1つ目は『脱毛LOVE』という、脱毛サロンについてを取りまとめたサイトを運営しており、サイトから各脱毛サロンにユーザーが遷移することで、脱毛サロンから紹介フィーをいただくようなモデルです。

2つ目は『フェリーチェ』という、恋愛系コラムを載せている大人向けのメディアサイトです。

港区女子のパパ活についてなど、少しアダルトな恋愛についてのコラムを載せています。

その中の1つのコンテンツとして、各企業毎の恋愛偏差値というものを算出した『恋愛四季報』というものを作ったのですが、こちらがホリエモンにツイッターでリツイートされるなど大きな反響を得ました。

諸々の案件について興味のある方は、株本氏のツイッターやフェイスブックに進捗を随時アップするので、ぜひご覧ください。

今回のお題2:オンラインサロンは運営しないの?

それでは2つ目の質問です。

最近流行りのオンラインサロンは興味ないですか?

株本氏が運営するオンラインサロン、見てみたい気もしますが、株本氏は運営する気はないのでしょうか?

オンラインサロンは運営しません!

株本氏は、オンラインサロンを運営するつもりはありません。

オンラインサロンとwebの受託で少し迷ったそうですが、webの受託をやりたいという思いが勝ったそうです。

webの受託は法人格と取引を行うため、『力を持った個人が大企業と取引している』といった世界観を実現できることに、オンラインサロンよりも大きなロマンを感じことが理由です。

また、オンラインサロンは大量の雑魚から少しずつお金を巻き上げるようなビジネスモデルのため、大きく儲けようと思っても限界があります

例えば、ホリエモンやキンコン西野クラスが運営するサロンでも、サロン会員は数万人止まりです。

仮にサロンを運営してそこそこ上手くいき、会員数が3000人、会費が3,000円/月だとすると、単月の売り上げが900万円。

売り上げを維持するためにインフルエンサーを雇ったり、管理者を雇ったりするコストを考えると、webの受託組織を作った方がコスパが良い、と考えたそうです。

結論として、株本氏はオンラインサロン運営を行うつもりはない、ということでした。

さて今回は、大人気の質問回答コーナー。株本氏が自身の案件やオンラインサロン運営についての質問に回答しました。さて次回の質問回答コーナーでは、禁断の雑魚あるあるを発表しちゃいます!

それではお楽しみに!

⇒雑魚あるあるを発表します(質問回答)【vol.122】


以下は、”当記事限定”で、今回の動画に関する補足解説を加えております。

貴重な就活と年収に関わる情報。何度も読み返せるよう、ブックマークしておきましょう♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

脱毛は流行っている??

今回株本氏が手掛けているプロジェクトに『脱毛LOVE』という、脱毛サロンについてを取りまとめたサイトの運営がありましたよね。

サイトから各脱毛サロンにユーザーが遷移することで、フィーを受け取るといった仕組みで収益をあげるサイトということでした。

それでは、現代の脱毛への意識はどうなっているのでしょうか?

以下は、脱毛意識についての年代別アンケートになります。

脱毛業界は今後も伸び続ける!

脱毛タイムズ

上記データを見ると、年代が若ければ若いほど脱毛への関心が高いことがわかります。

20代以下に関しては80%とほとんどの人が脱毛を意識していますね。

年齢とともに多少は脱毛への興味はなくなるかもしれませんが、今後ますます全年代で脱毛への関心は増加することが予測できます。

脱毛への関心が高まるにつれ株本氏が手掛けているプロジェクト「脱毛LOVE」の需要もますます増えていくでしょう。

最近はメンズの脱毛も流行りということなので、男女関わらず皆さんもぜひ、脱毛を検討してみてはいかがでしょうか?

まとめ:オンラインサロンは稼げない!株本氏の案件情報は各SNSで公開中

いかがでしたか?

今回は、大人気の質問回答コーナー。株本氏が2つの質問に回答しました。

株本氏はどんな案件を扱っているの?』という質問には、扱っている案件を3つ教えてくれました。

  • 年収チャンネル
  • 脱毛LOVE
  • フェリーチェ

といったwebサイトの制作・運用を扱っています。

基本的には、クライアントが行いたいビジネスを実現するために、株本氏が受託でサイトを制作している形になります。

他にも案件名は公開できませんが、2019年2月現在で同時に40件ほどの案件を扱っているのだそうです。

2つ目の質問は『株本氏はオンラインサロンを作らないの?』という質問。

こちらはきっぱり、作りませんと回答しました。

オンラインサロンは運営コストのわりには売り上げが小さく、会員数がトップクラスのサロンでも売り上げはそこそこ止まりのため、それならwebの受託を行う方がコスパが良いとのことでしたね。

さて今回は、大人気の質問回答コーナー。株本氏が自身の案件やオンラインサロン運営についての質問に回答しました。さて次回の質問回答コーナーでは、禁断の雑魚あるあるを発表しちゃいます!

それではお楽しみに!

⇒雑魚あるあるを発表します(質問回答)【vol.122】

☆当サイトではLINE相談も受付中です!

LINE 相談はこちら

 

☆19卒、20卒限定キャリア面談はこちら!

キャリア面談を受ける

年収チャンネル運営者

株本 祐己

1990年生まれ。桐朋高校、早稲田大学出身。学生時代にベンチャー企業で新規事業の立ち上げを経験し2年で黒字化に成功。新卒で同社に入社し、3年間マーケティングの責任者として事業拡大に貢献。コンサルティングファームに転職し、大手金融機関の管理会計業務支援やネットワーク更改などのプロジェクトに従事。フリーランスとして独立しクライアント数を拡大。StockSun株式会社を創業し、1年経たずしてWEBコンサルタントとして月間300万円以上稼ぐことに成功。

年収チャンネル運営者

Recommend

おすすめの記事

About

年収チャンネルについて

せっかく大学受験頑張って、高学歴と言われる大学を卒業したのに、その後の年収が低かったら悲しいですよね。

学校の先生や両親はなかなか教えてくれない
『企業別の年収情報』『稼げるキャリアの歩み方』『年収別のリアルな生活水準』
などを、株本が様々なゲストを招待して徹底討論します。

今、オススメのベンチャー企業を教えてほしい!
大手企業とベンチャー企業、自分はどちらに就職するべきか教えてほしい!
今の時代、どんな経験や能力を求められているのか教えてほしい!

などなど、どれだけぶっ飛んだ質問でも構いません。気軽に株本までLINEで相談してください。
なるべく早めにご返信します。

Facebook

Twitter

Follow this site!